くすのきのページにご訪問ありがとうございます♪

TOP > くすのき防虫ブロック3本組み

くすのき防虫ブロック3本組み

サイズ 【約】80×19×19mm ※上記サイズのブロック3本入り 素材・材質 くすのき 製造国 日本樟脳の原料である[くすのき]を使った衣類用防虫グッズです。

大切な衣類をしっかりと守ります。

100%ナチュラル素材なので、安全性はもちろん持続性のある効き目を持っています。

香りが薄れてきたかな?と思ったら紙やすりで削ると元の効き目が戻ります。

衣装ケース、タンスの引き出しに2.3個が目安です。

また、くすのきの香りはハッカのような沈静効果の高い香りがします。

化学系衣類防虫剤の匂いが苦手な方、赤ちゃんの衣類の保管などにおすすめです。

先人の知恵、クスノキパワーに注目! くすのき(樟)は古代より、防虫の木として知られてきました。

日本では、室町時代以前から着物の防虫に、板状に加工したクスノキを着物と一緒に保存したと言われています。

清少納言は、非常におしゃれで着物のちょっとした虫食いがどうしても許せなかった為、くすのきで特注の櫃(当時はタンスが無く着物は櫃と呼ばれる箱で保存していた)を作らせたと言われいます。

最近では、 正倉院で見つかった数百年前の書物がクスノキで作られた文箱に保存されていた為、全く虫食いの被害にあっていなかったいうから驚きです。

水にも強い為、常時海水にさらされている厳島神社の鳥居はくすのきで作られています。

また、クスノキにはハッカのような清涼感溢れる香りがあり、西洋では気付け薬として用いられてきました。

気付け薬の事をカンフル剤と呼びますが、カンフル(camphor)とは英語でくすのきを指します。

クスノキは樟脳の元 文字通り、樟脳はくすのき(樟)から作られます。

ちなみに、楠という漢字もありますが、この漢字は、中国から間違って日本に伝わったと言われています。

楠で示される樹木は中国のタブノキを指します。

閑話休題、現在の化学薬品から作られる防虫剤が普及するまで、使われていた防虫剤である樟脳は、くすのきの枝葉を水蒸気蒸留することによって得られる結晶化させた成分です。

樟脳は、人形や着物の保管に今でも重宝されます。

楽天で購入398円(税込み)